So-net無料ブログ作成

セルフリノベーションのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:セルフリノベーション

賃貸リノベで、はがせる北欧風壁紙。

4月13日に見たテレビ「有吉ゼミ」で、

タレントのヒロミさんが、
たんぽぽの川村さんのお部屋を
リノベーションしてました。

実家が大工さんで、
ヒロミさん自身もご自宅のウッドデッキを作成したり、
かなり手慣れた様子。

スポンサードリンク



川村さんのお部屋は賃貸なので、
傷をつけられません
その辺をちゃんと考慮してのリノベーション。

壁紙も貼って剥がせるタイプを利用
しかも、北欧風のデザインでいい感じです。



殺風景だったお部屋が、
北欧風なお部屋に変身しました♪

セルフリノベーション、広瀬さん宅。

2014年10月21日のテレビ番組「ヒルナンデス」で
紹介されたセルフリノベーションの達人、広瀬愛さん。


都内の2LDK賃貸住宅にご家族4人でお住まいです。
賃貸なので、原状回復を頭に入れたリノベーションが得意な方です。


玄関からすでに素敵なインテリア。
ナチュラルテイストなカフェ風、アンティーク風といった感じ。


紹介されたリノべを簡単にまとめました。
(全てではありません。また、自分に分かるように書いているので
 説明不足あるかもしれません。)

スポンサードリンク



● 玄関にウェルカムボード。
  これはコルクボードに黒い画用紙を貼った物です。

  画用紙にチョークで書いた部分をいったん消して、黒板の雰囲気を出しています。
  消す時に使ったのは乾いた布ではないかと想像しました。
  ウェルカムボードにはお部屋の案内がシンプルに書かれてありました。

● 窓に木枠を付けることでおしゃれなカフェ風に仕上げていました。

  窓は腰高窓で、出窓タイプです。
  窓の大きさに手作りした木枠をぱかっとはめ込んでるだけです。
  倒れるのが心配な場合は、木枠に突っ張り棒を固定し、窓枠に突っ張らせます。

  それから、木枠に隙間が出来てしまったら、
  イスやテーブルが床に傷をつけないように
  クッション性のあるシールを貼ったりしますよね、
  あれを利用して隙間を埋めてました。





● ミシンの脚を利用して飾り用のテーブルを作っていました。

  ミシンの脚はオークションで100円で買ったそうです。
  テーブルの天板はホームセンターでSPF材を購入し取り付けました。




SPF材はエゾ松・松・もみを合わせた混合木材で、軽くて扱いやすいそうです。





● ミシンの天板にはオイルスティンという塗料を塗って、古びた感じを出しています。





● 100均の木製フレームを利用して、小型の窓を作っていました。
  
  木製フレームを4枚繋げて、
  中にガラスっぽく見せるためのガラスシートを入れています。


● 100均のフォトフレームでも小さな飾り棚を作っていました。



● 和室を洋室に替えるために、クッションフロアを畳の上に敷きました。





その他SPF材を使って腰壁を作成したり、
アイデアと行動力満載のお部屋でした。



セルフリノベーションは人気なので、
本の種類も沢山あります。

賃貸ならば、人気ブロガーのKume Mariさんの本などが参考になりそうです。

Kume MariのDIYでつくる家、つくる暮らし


Kume Mariさんのブログ

その他、セルフリノベーションに関するブログ
・http://easytempo.blog61.fc2.com/blog-category-28.html
・http://since111.exblog.jp/i14
・http://cafeaulaitirocotori.blog.fc2.com/blog-category-13.html
・http://unclejamy.exblog.jp/i15/

スポンサードリンク

簡単リスト★セルフリノベーション@ヒルナンデス

1月21日のテレビ番組「ヒルナンデス」で紹介された、


安川さん宅の「セルフリノベーション」。



番組を見て、簡単に(ほんとにかんたん)、まとめてみました。



● 「すのこ」をペイントし、壁に立てかけて飾り棚に。






●壁紙を自分で貼る。

 [賃貸の場合のおススメの貼り方]
 壁にマスキングテープを貼って、その上に両面テープを貼ってから
 壁紙を貼ると、剥がしたい時に剥がれやすいそうです。






●障子の紙を全てはがして、下半分をベニヤで貼る。
 枠やベニヤは自分の好きな色に塗る。



●ふすまを「板の引き戸」に変える。
 薄いベニヤを細く切って色を塗り、ふすまに貼っただけ。
 ベニヤなどの裁断は、購入したホームセンターで切ってもらった。





●畳の和室を洋風に。
 畳の上に、フローリング調のクッションフロアを敷いただけ。






●細長い板をつなぎ一枚の板壁を作り、壁に立てかける。
 倒れないように頑丈な家具を前に置く。
 インスタントの板壁は、穴あけや釘打ちが気兼ねなくできる。



●おしゃれな木箱を本箱代わりにする。





●木の枝にペイントして飾る。
 モール等を引っ掛けて部屋の飾りつけに利用。



●洗面所の大きすぎる鏡の周囲を板で囲んで小さな鏡にする。



●洗面台の扉のイメージを変えたくて、上から杉板を貼る。
 もとからあった扉の取っ手を外し、ホームセンターで買ってきた、
 ちょっと色の落ちついた鎹(かずがい)を取っ手代わりに打ち付けた。






●洗面所にある透明扉の収納棚を、すりガラス風の扉に。
 ガラスにプラスチックダンボールを貼った。
 扉の枠に木を貼ってナチュラルな仕上がりに。





●トイレのタンクを手作りの箱型の板で囲った。
 水受けにキッチンで使っていた穴の開いたボウルを使用。





以上、他にもありましたが、とりあえず書き留めたものです。
 


ヒルナンデスでセルフリノベーションのお家を紹介してくれた、
安川さんのブログはこちらです。


*******************

【セルフリノベーションとは】

「リフォーム」とは、建築当初の状態に戻すこと。
例えば老朽化したマンションを機能・性能構造を変えずに新しくするとか。

「リノベーション」は、建築物の修理、改造のことをいい、
建物に新しい価値を加える点がリフォームと違うようです。

専門的には、耐震性や省エネ性などの機能を高める目的も
あるようですが、個人の趣向や用途変更に合わせた改造
という意味合いでリフォームと区別しているようです。
また、デザイン性の追求もリフォームとは違う点のようです。

一般的には専門業者に頼んでリノベーションすることが多いと思いますが、
自力で行うことを「セルフリノベーション」と言います。
よく言う「DIY」ですね。
Copyright © 使ってみたい生活便利グッズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。